映画LIFEをみて

岡村氏の吹き替えが酷評されているようだが
そんなに酷いものではない 普段の彼の関西弁とはかなり異なるが
決して棒読みではない 彼とスタッフが工夫し努力した結果だと思う
日本語版の翻訳に違和感を感じる部分があり
そちらの方が気になるほどである
全編素晴らしい映像が展開され写真好きの心をくすぐる
遠中近の風景が美しくそれぞれが呼応して意味をなしている
しかもそれが動画なのである それに音響が加わり音楽が添えられる
映画って素晴らしいなとつくずく思える
母親役をシャリーマクレーンが演じており素晴らしい
誰もコメントしていないが知らないのかもしれない
年配者が教えないのがいけないのか 若者が耳を貸さないのが駄目なのか
そうした負の連鎖が世の中をつまらなくしているようだ
ヘリで飛び立つシーンで彼女が12弦ギターを抱えて歌う様に心が動いた
歌も良かったし昔の映画のシーンを踏襲しているようにも思えた
字幕版と吹き替え版の両方見ることになったが結果的に両方見てよかったと思う
スポンサーサイト

市立博物館へ  遥かなるルネサンスへ行きました

スタッフに撮影していただきました

P4238113.jpg

P4238118.jpg

神戸にも二階建てバスが走っていました

図書館に本を返し 兄宅へ

P4218099.jpg

P4218100.jpg

P4218098.jpg

P4218096.jpg

P4218095.jpg

P4218097.jpg

宇治川の桜はほぼ散っていましたが 八重咲きの桜が手鞠のようで満開でした 
椿も? 咲いていました


神戸動物王国へ

P4128056.jpg

P4128055.jpg

P4128053.jpg


P4128062.jpg

P4128063.jpg

P4128064.jpg

P4128065.jpg

P4128066.jpg

P4128067.jpg

P4128069.jpg


P4128052.jpg

P4128051.jpg

P4128050.jpg

P4127972.jpg

oumu.jpg



新しくオウムがやって来たというので久しぶりに行ってきました 
いろんな動物がいて楽しめますし良い散歩になります
年間パスポートで三回いけば元が取れます
神戸市内無料パスで結構役立っています
社会参画を促すという目的を充分果たしていると思います

撫子の湯へ行きました

P3247902.jpg

P3267908.jpg

P3267909.jpg

P3267907.jpg

P3267903.jpg

明石駅南の二階で持ちよりの市が開かれていた でっぷりとした茶碗が300円 買ってしまった
撫子の湯と神戸動物王国が今日の目的 だけど撫子の湯で血圧が下がったので断念 
動物王国は次回に 古代ギリシャ展も行こう 
撫子の湯へは学園都市駅からの送迎バスを利用 ドコモ茸が居ました ドコモオンリーという意味ですかと言うと
お姉さんは笑っていました